公益財団法人 橘秋子記念財団では、日本のバレエ教育の向上とバレエ芸術の振興・普及を目指します。

橘秋子記念財団について
橘秋子記念財団は、昭和50(1975)年4月12日、わが国におけるバレエ教育の向上とバレエ芸術の振興・普及に努めた故橘秋子氏の意志継承を目的として、設立されました。
以来、青少年に対するバレエ教育の向上を図る方策として、バレエ芸術の指導とその発表、また、バレエ芸術の振興のために、優秀なバレエ芸術科の顕彰や奨学金の授与、バレエ芸術の研究、さらには、公演を行うなどバレエ芸術の創造、振興および普及に寄与する事業を行って参りました。そしてこのたび、内閣総理大臣より公益財団法人としての認定を受け、平成24(2012)年4月1日に財団法人の解散登記と公益財団法人の設立登記を行い、新たな一歩を踏み出しました。 今後は、わが国のバレエ芸術の発展・振興のために、下記のような事業を行って参る所存です。皆様のなお一層のご理解とご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

1.バレエ芸術の優秀な成果に対する表彰
2.奨学金の授与
3.バレエ公演の開催
4.海外のバレエ教師・振付家の招聘
5.児童のためのバレエ芸術の指導とその発表
6.青少年に対するバレエ芸術の後継者育成
7.ジャパンダンスコンペティションの開催
8.会報の発行
9.その他前条の目的を達成するために必要な事業

日本バレエ界のパイオニア 橘秋子

1907年(明治40年)宇都宮市に生まれる。栃木県女子師範学校(現・国立宇都宮大学)を卒業し、県内の小学校の教師を務める。1929年退職し上京、小林宗作のリトミック講習を受ける。翌1930年、日本初のバレエスクール「パヴロバ・バレエスクール」に入門、エリアナ・パブロバの内弟子となり、入門3日目のパヴロバ・バレエ団浅草松竹座公演でデビューした。1933年、橘秋子舞踊研究所を開設。多くのバレエ作品を創作し、門下生とともに橘秋子バレエ団の公演活動を行った。1950年、橘バレエ学園を設立(1953年、橘バレヱ学校に改名)。詩歌の会で交流を深めた武者小路実篤が学園の後援会会長を務めた。世界的ダンサー、アレクサンドラ・ダニロワ、イゴール・シュベッツォフらを教師として招聘し講習会を開催。日本人ダンサーとしての精神教育にも重点をおき、小笠原礼法、華道、茶道、座禅、滝行などの修練を取り入れた教育を行った。1956年、牧阿佐美バレヱ団を結成。毎月行った定期公演で年間20作品を上演する活発な活動の成果に対して、1965年に芸術選奨文部大臣賞を受賞。武満徹に作曲を依頼した「銀河鉄道の旅」を始め、「サーカス・バリエーション」で湯浅譲二、「獅子と王女」で鈴木博義、「飛鳥物語」で片岡良和、「角兵衛獅子」で山内正、「戦国時代」で小杉太一郎など、日本を代表する作曲家とともに多くの作品を生み出した。
1960年「運命」の振付で芸術選奨文部大臣賞、1963年「飛鳥物語」の振付で東京新聞舞踊芸術賞、1964年舞踊ペンクラブ特別賞、1967年「戦国時代」の振付で芸術祭文部大臣奨励賞を受賞。1967年紫綬褒章。1971年逝去、享年63歳。勲四等宝冠章、従五位受章。

橘秋子賞 受賞者
公益財団法人橘秋子記念財団は、バレエ芸術の優秀な成果を表彰する橘秋子賞の第39回受賞者を下記のとおり決定いたしました。受賞者には賞状並びに、特別賞には賞金100万円、優秀賞には賞金50万円、副賞としてチャコット株式会社様より寄贈の金メダルが贈られます。

■ 第39回受賞者はこちら>>
■ 第38回受賞者はこちら>>