公益財団法人 橘秋子記念財団では、日本のバレエ教育の向上とバレエ芸術の振興・普及を目指します。

橘秋子記念財団について
橘秋子記念財団は、昭和50(1975)年4月12日、わが国におけるバレエ教育の向上とバレエ芸術の振興・普及に努めた故橘秋子氏の意志継承を目的として、設立されました。
以来、青少年に対するバレエ教育の向上を図る方策として、バレエ芸術の指導とその発表、また、バレエ芸術の振興のために、優秀なバレエ芸術科の顕彰や奨学金の授与、バレエ芸術の研究、さらには、公演を行うなどバレエ芸術の創造、振興および普及に寄与する事業を行って参りました。そしてこのたび、内閣総理大臣より公益財団法人としての認定を受け、平成24(2012)年4月1日に財団法人の解散登記と公益財団法人の設立登記を行い、新たな一歩を踏み出しました。 今後は、わが国のバレエ芸術の発展・振興のために、下記のような事業を行って参る所存です。皆様のなお一層のご理解とご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

1.バレエ芸術の優秀な成果に対する表彰
2.奨学金の授与
3.バレエ公演の開催
4.海外のバレエ教師・振付家の招聘
5.児童のためのバレエ芸術の指導とその発表
6.青少年に対するバレエ芸術の後継者育成
7.ジャパンダンスコンペティションの開催
8.会報の発行
9.その他前条の目的を達成するために必要な事業

日本バレエ界のパイオニア 橘秋子
1907年(明治40年)6月17日栃木県宇都宮市宿郷町518番地に生まれる。
栃木県立師範学牧を卒業後、小学校の教師となった橘秋子は“日本バレエの母”エリアナ・パブロバの舞台に感激し1930年(昭和5年)両親の反対を押し切って上京、パブロバの門下生となる。
天性の運動神経の良さから、内弟子になって3日目に浅草松竹座でのパブロバ・バレエ団公演の舞台にトウシューズで立つという伝説的エピソードをもつ。
1933年(昭和8年)、橘バレエ研究所(現在の牧阿佐美バレヱ団)を開設。橘バレエ学校でいちはやく着手したバレエの早期教育により優秀な踊り手を多く世に送り出すとともに、 バレエを職業とするプロのバレリ-ナを創る意欲に燃えた。 バレエ草創期の困難な状況の中で、諸外国より著名なバレリーナを呼ぴバレエの名作を次々と発表。
1963年(昭和38年)から亡くなるまでの8年間に39回もの定期公演を行い、その意気込みは人を圧するものがあった。
バレエ芸術振興に奔走し、1971年(昭和46年)5月に道なかばで病死。 63歳。
門下生には牧阿佐美、大原永子、森下洋子、川口ゆり子などがでている。

橘秋子賞 受賞者

第38回 橘秋子賞受賞者

橘秋子賞特別賞 名前 安達 悦子(東京シティ・バレエ団)
授賞理由 東京シティ・バレエ団は、ティアラこうとうと提携、地元に密着した独自の活動を行ってきた。その基礎を築いた石井清子を継ぎ、芸術監督として、自らのキャリアを生かしてウヴェ・ショルツなど海外の優れた振付者の作品を積極的に導入、国際性を強め、注目されるカンパニーとしての地位を高めた。
橘秋子賞優秀賞 名前 小野 絢子 (新国立劇場バレエ団)
授賞理由 プティ振付の「こうもり」、ダレル振付の「ホフマン物語」をはじめ、「白鳥の湖」「ライモンダ」「くるみ割り人形」などで、それぞれの見どころを際立たせる優れた踊りを見せ、トップに立つ者の存在感を示した。その年間の成果に対して。
受賞者プロフィール
安達 悦子 (アダチ・エツコ) Etsuko Adachi
松山バレエ団にて、松山樹子、森下洋子、清水哲太郎に師事。
1979年、慶応義塾大学在学中、第1回アメリカ・ジャクソン国際バレエコンクールで銅メダルを受賞。同年、文化庁芸術家在外研修員として2年間モナコに留学し、マリカ・ベゾブラゾヴァ、アレックス・ウルスリャックの指導を受け、ペルー・バレエフェスティバルに出演。 1982年、日本バレエ協会「眠れる森の美女」オーロラ姫に抜擢される。 1984年イヴリン・ハート、ジャン・シャルル・ジルらと韓国ユニバーサル・バレエ団にゲスト出演。イヴリンの招きでロイヤルウィニペグバレエ団にて研修。 1986年、 東京シティ・バレエ団にプリンシパルとして迎えられ、有馬五郎、石田種生、石井清子のもと、「ジゼル」「白鳥の湖」「コッペリア」「シンデレラ」「くるみ割り人形」「エスメラルダ」「真夏の夜の夢」「カルメン」などに主演する。 2007年、日生劇場音楽ドラマ「チャイコフスキー」にフォンメック婦人で出演するほか、古典から創作まで様々な舞台にゲスト出演し、横井茂、佐多達枝、石井潤、深沢和子、朱里みさをなどの作品を踊る。 2008年、文化庁特別研修員としてベルリン国立バレエ団に派遣され、ベルリンを拠点にヨーロッパ各地で研鑽を積む。 2009年4月より、東京シティ・バレエ団代表理事および芸術監督に就任。Ballet for Everyone (バレエの楽しさと豊かさを、すべての人と分かち合う)をビジョンに掲げ、江東区との芸術提携を軸に多彩なバレエ団活動に努め、近年では、「音楽的なバレエ団でありたい」という考えから、「ベートーヴェン 交響曲第7番」(ウヴェ・ショルツ振付)の日本初演、「L’heure bleue」(イリ・ブベニチェク振付)の日本初演を実現させ、好評を博した。また、NHK放送「ローザンヌ国際バレエコンクール」解説者のほか、「TANZOLYMP」(ベルリン)や、「Korea International Ballet Competition」(韓国) など国内外のバレエコンクールの審査員も多数務め、献身的なバレエ教育を行っている。 現在、洗足学園音楽大学教授、東京藝術大学音楽部、東京音楽大学講師。
【振付】
オペラ:日生劇場 鈴木敬介演出「オルフェオとエウリディーチェ」「ヘンゼルとグレーテル」、新国立劇場「ナブッコ」、大野和士プロデュース「パリの喜び」
【受賞歴】
1979年 第1回アメリカ・ジャクソン国際バレエコンクールシニア部門銅メダル
1979年 音楽新聞新人賞。
2004年 第30回橘秋子優秀賞 
小野 絢子 (オノ・アヤコ)  Ono Ayako  新国立劇場バレエ団プリンシパル
東京都出身。小林紀子、パトリック・アルモン、牧阿佐美に師事。小林紀子バレエアカデミー、新国立劇場バレエ研修所(第3期修了生)を経て、2007年新国立劇場バレエ団ソリストとして入団。主な受賞歴にアデリン・ジェニー国際バレエコンクール金賞などがある。入団直後に、ビントレー『アラジン』の主役に抜擢され成功を収めた。2011年プリンシパルに昇格。『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『眠れる森の美女』『ドン・キホーテ』、アシュトン『シンデレラ』、マクミラン『ロメオとジュリエット』『マノン』、ビントレー『アラジン』『パゴダの王子』『シルヴィア』『カルミナ・ブラーナ』、フォーキン『火の鳥』など、入団後ほとんどの作品で主役をつとめている。また、2013年と2014年に英国バーミンガム・ロイヤルバレエで客演し、国際的にも高い評価を得た。今後は、5月『ドン・キホーテ』、6月『アラジン』で主演予定。
2010年スワン新人賞。平成22年度(第61回)芸術選奨文部科学大臣新人賞。第42回舞踊批評家協会新人賞。第30回服部智恵子賞。